発注側と制作側のすり合わせ

WEB制作において、一方的に発注者が製作者に「作って欲しい」と投げるのでは、受け手である制作者側で問題が生じたり、スキルや人員、予算の不足による制作不能、もしくは期間内の制作不可などが生じる可能性もあるでしょう。予め発注側が何を、どういうふうに、どこまで、いくらで、いつまでと決めて、それを見た制作側がこの内容だったらいくらで、何人で、ここまでできますよと提案できるようにすることで発注者と制作者のミスマッチを減らすことができると思います。そのために使うのがRFPというわけです。同時に、提案書としてまとめることで一社だけではなく複数の制作会社へ送ることができるので、制作側だけでなく発注側にもメリットがあるといえるでしょう。 サイトを作成する上で、初期段階で提案書を作ることには大きな意義があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。