目標キーワードは難易度の高さで

小目標は大目標と中目標から遷移したウェブページのサイドメニューとして設定することにします。大目標というのは、ビックキーワードになることが多いといえます。大目標から外したくなるものですが、それはダメ。目標キーワードというのは、私達側の意思なのです。ビック、ミドル、スモールというような単語の難易度というのは、市場原理の結果です。自分たちの意思とは関係はないのです。ビックキーワードをはじめから諦めている人も多いのも事実。でも、目標キーワードは難易度の高いところから狙って設定するべきです。ビックキーワードの上位検索を目指す場合、ミドル、スモールの複合キーワードなどが上位検索するのは前向きです。まず、ひとつひとつのウェブページのキーワード出現率を設定しましょう。オリジナルコンテンツの文字量を気にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です