キーワードは近づけた方が効果的

コンテンツ作りの中で行われる文章作成で、キーワードの記載方法(位置関係含め)が、やり方次第でSEO(検索エンジン最適化)に与える影響度が変わってくることはよく知られるところです。検索サイトを利用するユーザーから入力される検索クエリ(言葉群)を検索エンジンが判断して検索結果で表示されるタイトル(titleタグを使用して記述される文章)も同様と言われています。文章作成段階でまず行われる重要キーワード選定。それが済むと次にそのキーワード群をどのような順番で、いかに配置していくかを検討していきます。その結果を踏まえ作成された文章が、のちのCTR(クリック率)に反映され最終的にコンバージョン率に影響してくることは、よく知られていることです。結論から言えば、それぞれの重要キーワードは極力近くに配置するのが良い、ということ。HTMLで示すと、段落タグp内での文章をキーワードA、Bとして「<p>・・・・A・・・B・・・</p>」とするより、「<p>・・・・A・B・・・</p>」というように近くにもってくるということです。これにより、検索エンジンのロボットは、AとBとの複合キーワードを重要キーワードと認識し、検索クエリ内の各キーワードと結び付けて、ユーザーにとって価値あるコンテンツと判断し検索結果に反映される、と考えられます。一部ではこのことを否定する意見もあるようですが、現実の検索結果実態を調査すると裏付けとなる結果が出る、という報告がされています。であるならば、やはり意識してそれぞれの重要キーワードを近づけるような文書を作っていくのが得策と考えてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です