自動ペナルティの改善

ホームページの検索順位が大きく下がってしまった場合、手動ペナルティ、自動ペナルティ、もしくはアルゴリズムの大きな変動があったことが考えられます。手動ペナルティの場合はGoogleサーチコンソールで通知を受け取ることができますが、そうでない場合は理由も分かりませんし、自動ペナルティなのかアルゴリズムの変動なのかも判断することができません。どちらにしてもコンテンツの中身を確かめて、問題がないかを自分で判断しなければなりません。問題として起きやすいのは、「キーワードを大量に使う」ということです。SEOの対策をしようと思い、同じキーワードを乱用してしまうという方法で、現在はペナルティを受ける可能性もあると言われています。キーワードの出現率を確認できるツールなどを使って、不自然な使われ方をしていないかを確認しましょう。最近では検索エンジンで文脈などを確認する精度がアップしています。文章を読んで不自然になってしまっている場合は、大幅なリライトが必要になります。文章の特性上、どうしてもキーワードを減らすことができないという場合は、画像に置き換えるなどの対策が有効です。また、テキストやリンクが隠れてしまっているという場合もペナルティの対象になります。悪意を持ってわざと分かりづらくしているときには当然ですが、場合によっては「意図せず背景色とテキストの色が同化してしまった」「リンクがあるにも関わらず誤ってフォントサイズを0にしてしまった」などのミスによって隠れてしまうこともあるかもしれません。パソコンで見て確認しにくいという場合はスマホなどの別のデバイスなどを使って、意図しない配置がされていないかをチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です