テキストを適切に使用するために

●小さすぎる文字は NG
デザイン性を重視するあまり 、文字を不要に小 さくしてしまう方がいますが、小さすぎる文字は閲覧者側からすると 、とても見ずらいものです。特にモパイルブラウザのフォントサイズについては、16CSS ピクセルの基本フォントサイズを、 Google が 推奨しています。
また、行間のデフォルトは 1. 2emです。
まずは、この基本フォントを念頭において 、PC 版も同様、 Web制作にあたる
ようにしましょう 。
SEO内部対策の基盤構築一細胞や組織を活性化させる16CSS ピクセルの基本フォントサイズを、 Google が 推奨しています。
なお、推奨基準に準拠していたとしても、特定フォントの場合、調整が必要となることもあるため、目でもきちんと確認するようにしてください。

●背景色との文字色のバランス
背景色に近い文字色だと見づらいため、文字の大きさ同様、ユーザ一 目 線では NG です。このようにユーザ一目線で悪影響となる場合、 SEO 的にも悪い影響を受ける可能性が高くなります。必ず、カラーコードの種類や、実
際に目でも確認して、背景色と近すぎていないかを確認しましょう 。

●適度な段落分け
p(段落)タグにおいては、文節をきちんと区切ってあげることで、閲覧者が見やすくなるばかりでなく、検索エンジンにも理解しやすいものとなります。

●やたらと改行しない
見栄えにこだわるあまりに、改行の br タグを多く使用している Web サイトを見かけることがあります。そして、ここでbr タグを多く用いると、HTMLがごちゃごちゃします。さらに言うと、余計なファイルサイズが増えることにもなります。
ですから、必要な場合のみ改行タグを用いて、それ以外はCSS側で調整するようにしましょう 。

●文字間にスペースをつくらない
検索エンジンは、スペースのある続き文字を正しく理解することが苦手です。だから、デザイン的な理由で文字間にスペースを挿入する際に、ただ単にスペースキーで対応すると、 言葉としてではなく単体の文字として処理される可能性が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です