アップデートによる成果 

Googleはスマホ対応か否かで検索順位を大きく左右するようなアルゴリズムにしてはいません。それは、ユーザー目線で何が大切かという点を最も重んじているからです。 ではユーザーにとって、最も上位表示してほしいサイトは何か。それを端的に述べると、 くわしい情報を掲載している、疑問に答えてくれます。Google はそれをないがしろにして、スマホ対応か否かだけで 判断することはできないのです。
しかし、 Web市場へ大きなインパクトを与えたことにより、まずは最初のハードルをクリアできたといえます。ここで、 Google の頭の中を覗いて、私なりに代弁してみます。「もう少しだけ時間を与えるので、その間にできるだけ早くスマホ対応をお願いします。タイミングを見計らって、わざとアルゴリズムの急変を保留にしているにすぎないので、そのあたりの事情をあらかじめ 重々ご承知ください。なお、理想や方向性は理解いただけているものと
認識していますので、どうぞよろしくお願いします」
このように Web サイト全体の様子をうかがいながら、理想とするア ルゴリズムの変革へ虎視耽々と、そのときを狙っているのです。もう1つ時間をかける理由として、 Google の技術力との兼ね合いも、少なからずあると見ています。できるだけ多くのユーザーが納得できるよう な、また、支持を得られるような査定基準をシステムとして導入できることが前提として必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です