韓国のネット市場

オンライン広告市場

韓国のオンライン広告市場は、2011年の時点で1.9兆ウォンです。ここ数年は、毎年20%近い成長率を見せ、全広告市場の約20%がオンライン広告となっています。さらにオンライン広告市場のうち、サーチ広告(リステイング広告など検索関連の広告)が68%を占めています。韓国におけるSEMの重要性が見て取れます。

検索エンジンはNAVER

韓国でもっとも利用されている検索エンジンはNAVER(ネイパー)です。Internet Trend (http://trend.logg巴r.co.kr/)というサイトで、検索エンジンシェアを調べることができます。2012年で見てみましょう。

l位のNAVERはシェア76%を誇ります。2位にDaum(15.3 %)、3位にGoogle (5.4%)が続きます。日本でシェアl位のYahoo!ですが、韓国では1%に届きません。そうした背景からか、Yahoo! Koreaは Overture Koreaとともに2012年で韓国を撤退すると発表しました。Overture時代の収益体質に依存し続けたことが理由とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です