客観的な視点でHPを作る

◎ホームページは独りよがりな内容にしないこと

ホームページはその特長も独りよがりなものであってはいけません。特に個人で運営しているホ ームペ ージは、 コンテンツをチェック してくれる人もいませんし、独りよがりになってしまいがちです。もちろんホ ームペ ージの内容が独りよがりなものでも、公開する上で問題があるわけではありません。 しか しアクセスを増 してSEO上位表示させたいならば, 何度も行きたくなるようなホームページはどのようなものかというように、できるだけ客観的な視点で特長を見つけられるようなホームページ作りを心がけま しょう 。友達や家族などに作ったホームページを見せて、感想を聞いてみるのも良い方法です。どうしてもホームページの特長がないようなら、新しく特長になるテーマを改めて考えてみてください。それにあわせてホームページの内容 を再構築することで、そのサイトはより魅力的になるでしょう 。
PRすべき特長が見つかったら、その特長を前面に押し出すホームページ作りを心がけます。素晴らしい特長があっても、ホームページを隅々までじっくり読まないとわからなければ、訪問者にその良さを伝え切れないからです。ページを見た瞬間すぐに特長が分かりづらいようでは、せっかくの特長をアクセスアップに繋げられません。効果的な方法と して、ホ ームペ ージの特長を表現した文章を、ページのタイ トルとと もに表示する ことが挙げられます。はっきり特長を明示しなくても、さりげなくアピールできるキ ーワー ドをちりばめたり、その特長が一目でわかる画像を トップペ ージに掲げるなど、特長をアピールする方法はいろいろです。ただし、アピールするのは注目すべき特長 lつだけにするべきです。多くの特長があるホ ームペ ージは良いものですが、全てを主張してしまうと、ぱっと見たときに特長が逆にわかりづらくなってしまいます。